トップページ > インタビュー「ツクルひと」 > カフェ&アンティーク ファンコール代表 山口 仁美さん

北海道札幌市清田区のカフェ&アンティークショップ

カフェ&アンティーク ファンコール代表
山口 仁美さん

北海道の様々な「ツクルひと」をご紹介。
今回は北海道札幌市清田区でカフェ&アンティークショップを営んでいる「ファンコール代表:山口 仁美さん」にお話を伺いました。

PROFILE

20歳の時に雑貨屋でファイヤーキングと出会い、アンティークショップ経営を決意。2010年に清田、千歳にファンコールの店舗をオープン。常に新しい夢に向かって突き進んでいる。

集めたい気持ちから始まった仕事だったんです。

―いきなりですが、ファイヤーキングがたくさん並んでますね。

山口:大好きなんですファイヤーキング。ずっとコレクションしたかったんです。

―昔から集めていたんですか?

山口:20歳くらいの時にたまたま入った雑貨屋で出会ったんです。「なんだこの可愛いコップは!」って。それから夢中になりました。
当時、例えばキンバリーの値段だけで言っても高かったんですよね。とても主婦が買い揃えられる金額じゃなくて。どうやったら安く買えるんだろう、どうしても並べたい、どうするのが一番いいのかなって考えてて・・・。
そこで思ったのが、仕入れる側になればいいんだって思って。そんな事を考えていく内に、いかに安く手にいれられるかって考える事が楽しくなっちゃったんです。それで好きな事をお仕事に出来たらさらに嬉しいだろうなって。私、好きな事にしか没頭できないんです(笑)
当時の私は入荷の方法もまったく知らなかったので、まずは雑貨屋に勤めました。

―ではファインヤーキングが今のお仕事をするきっかけに?

山口:そうですね。とにかくほしかったです。ファイヤーキングを並べたかったんです(笑)

―最初からこの数はすごいですね。

開業当初

山口: 最初からたくさんあった訳ではないんです。ファンコールは最初千歳限定の不定期イベント形式だったんですよ。お金も経験もなかったですから、少しずつアンティークの物を集めていったんです。当時も頑張っていたんですが、商品少なかったなぁ(笑)
そこで売れたら仕入れるを1年繰り返したんです。そしたらだんだんイベントを開かないかと声をかけられる事が増えてきて。不定期でしたので、お客様からも行きたいのにいつ開いてるのかわからないと言われる様になったんです。そこでファンコールが出来て1年経つ頃に、このお店を開く事を決意しました。

―開業当初からカフェスタイルだったんですか?

山口:いえ、開店当初食事は出していなかったんです。でもせっかくのファイヤーキングや、アンティークの食器を飾っておくよりお客様に使っていただきたいとずっと考えていたんです。その為には食事も必要だよねと。
まずは食器を気に入っていただきたい。そうなると食べ物が必要。ファンコールは食器を使っていただきたい想いからのカフェなんです。
そう考える様になってから本格的にファイヤーキングを揃え始めました。

―今では食事以外にもパンも置いてらっしゃるんですね。

山口:すべて自家製酵母パンなんです。こんなに柔かくフワッとしたパンにするのは難しいのですが、工房を開いているプロの方にお願いしているんです。今では北海道大学病院の方にも下ろさせていただいてるんですよ。
食事の材料にもこだわっていて、スタッフの実家の農家から直接仕入れたり、使うソーセージもプロの職人さんに直接お願いしてるんです。

―他にもアンティークな雑貨がたくさんありますが、やっぱり昔から好きだったんですか?

山口:古物は元々好きだったんです。実家の裏に古い馬小屋があって、そこでよく遊んでたんです。当時はなんとも思っていなかったんですが、馬小屋が壊されることになった時にとても残念な気持ちになりました。その時に古い物の価値に気がついたんです。あぁ~、こんなに大事だったんだって思いました。

―お店の雰囲気にもよく合っていますね。

山口:空間をデザインする事が好きなんです。空間をディスプレイする、色を合わせるってその物やテイストを知っていないとできないと思うんです。お客さんでもアンティークな家にしたいと言って、素材をファンコールで購入されていく方もいらっしゃいます。そこで色々とお話をする事で経験させて頂き、ご提案なんかもさせていただいてます。
その中で一番のお気に入りがファンコールかなって思うんです。

お客様にはお気に入りの食器でお食事をしながら、ゆっくりとこの店内を見ていただきたいですね。

メニュー

■フードメニュー

  • パンプレート(スープ、サラダ付き)  ¥550
  • ホットドックプレート(スープ、サラダ付き)
    ¥680   チョリソー(+¥50)
  • チキン南蛮プレート  ¥890
  • ハンバーグプレート  ¥890   チーズトッピング(+¥100)
  • ライス大盛り  +¥50
  • ランチタイムドリンク  +¥150
  • 日替わりデザート  +¥200
  • スープセット  ¥350
  • スープサラダセット  ¥400
  • ポテト  ¥250
  • ポテト&ソーセージ  ¥500
  • 日替わりデザート&ドリンクセット  ¥500   カプチーノ(+¥50)

■ホットドリンク


コーヒー

  • FunCallオリジナルブレンド  ¥350
  • カプチーノ  ¥380

紅茶

  • ストレートティー  ¥350
  • ミルクティー  ¥350
  • レモンティー  ¥350

黒豆茶

  • ¥250

■アイスドリング

  • アイスコーヒー  ¥350
  • アイスティー(ミルクorレモン)  ¥350
  • コーラ  ¥250
  • アップル  ¥250
  • アップルサイダー  ¥250
  • 黒豆茶  ¥250

■キッズドリンク

  • カルピス  ¥120
  • オレンジ  ¥120
  • アップル  ¥120
パンプレート パンプレート パンプレート パンプレート

詳細情報







Antique & Collectable & Cafe
Fun Call(ファンコール)

住所

〒004-0848
札幌市清田区清田8条1丁目10-5

電話番号

011-300-8300

営業時間

11:00~19:00

《Cafe》
■ランチTime 11:30~15:00
(14:30ラストオーダー)
■ティーTime 15:00~18:30
(18:00ラストオーダー)

定休日 毎週火・水
クレジット だいたいのカードは対応しております。
駐車場 2台
アクセス詳細 ■地下鉄 東豊線 福住駅より
中央バス 【86】or【福86】~(終点) 清田団地下車 徒歩3分

■地下鉄 東西線 南郷18丁目駅より
中央バス 【南86】or【南77】~(終点) 清田団地下車 徒歩3分
ウェブサイト

オンラインショップ

http://funcall.jp/

ブログ

http://ameblo.jp/funcall/
お問い合わせ yes.funcall@gmail.com

世界各国のアンティーク古物雑貨・家具・食器類など、古き良き時代のモノに出会える楽しい雑貨屋さん。
店内にカフェコーナーを併設し、Fire-Kingなどのヴィンテージmugを50種類以上の中からお好きなモノを使って頂く事が出来、オリジナルブレンドコーヒーや、ホットドックが自慢のお店です♪
また、オリジナルの自家製酵母パンにも定評があります!!
拘りの空間で、楽しい一時をお過ごし下さいませ。



Antique & Collectable & Cafe
Fun Call(ファンコール)千歳店

住所

〒066-0077
千歳市上長都928-3

電話番号

090-3776-6609

営業時間

火・水・木
10:00~15:00

第一日曜日
13:00~18:00

定休日 金・土・日・月
(第一日曜日のみ営業)
クレジット だいたいのカードは対応しております。
駐車場 3台
アクセス詳細

JR長都駅より徒歩15分

世界各国のアンティーク古物雑貨・北欧雑貨・家具・食器類など、古き良き時代のモノに出会える楽しい雑貨屋さん。
また、毎週火曜日には、オリジナルの自家製酵母パンの販売!!
お家スタイルの癒しの空間で、楽しい一時をお過ごし下さいませ。

アクセスマップ

■ファンコール清田店



■ファンコール千歳店

WEBインタビューを通して業務内容やオススメ商品をもっとアピールしませんか?
皆さんのエピソードお聞かせください。

インタビュー

エステサロン ひめの休日代表:日向野 亜希

イースト カイロプラクティック オフィス
院長:石田 雄亮さん

北海道札幌市東区
カイロプラクティック

ファンコール代表:山口 仁美

ファンコール
代表:山口仁美さん

北海道札幌市清田区
カフェ&アンティークショップ

クロスケットワークス代表:中島裕

クロスケットワークス
代表:中島裕さん

北海道札幌市北区
美装業

twitter